ショッピング枠

クレジットカードとは?

キャッシュレス時代へと世の中が加速する中、最早「1人最低1枚所有していて当たり前」的な価値感すら過去に思えるのがクレジットカードである事は、皆さんも同意頂けるかと思います。
決済に利用可能な店舗も急速に増加し、最近では多くの小売店舗でサイン不要での利用も可能な環境が整備も着実に進んでいます。
昭和の時代の普及黎明期からクレジットカードを使用し続けている方々からすれば、印字式の専用用紙にサインを認めたり、高額利用時には本人確認の電話や承認番号の取得などで随分待たされた事が懐かしいのではないでしょうか。

今日も年配者の価値感として、クレジットカードを所有している事イコール社会人としてのステータスの1つであり、さり気無く取り出す行為時代に単純に憧れた記憶をお持ちの方もおられるでしょう。
ですが時は流れ、今日では学生やパート、アルバイト勤務の人であっても所有が可能なカードも増え、更には1枚で複数社のクレジットカードとして機能する複合カードも当たり前となり、むしろ所有していない成人を探し出す方が困難な状況かも知れません。

既にインターネット市場では、クレジットカード決済が基本と言える環境設定が定着しており、ネットショッピングと言えばクレジットカード決済に限定している運営会社が大半となっています。
更に乗り物やコンサートチケットの決済も同様で、裏を返せば[人気の高いチケットはクレジットカード無しでは調達不可」という減少が生じています。
今後時代のニーズにより的確に応えるべく、各クレジットカード会社は更に利用可能な人達の枠を広げて来るであろう事、十分に推察出来ます。

しかしクレジットカードを利用する事は、カード会社に対して借金している、立て替えて支払って貰っているという基本的な事を断じて忘れてはなりません。
利用金額分は所定の期日までにキチンと決済する義務を負って当然であり、延滞を生じさせればカードの利用停止処置のみならず、時に自身の社会的信用度を失墜させてしまい兼ねません。
クレジットカードを利用する行為イコール、自身の財布から現金を支払っているのと同じである事を常に意識し、計画的に利用しなければならない事は、既に各所で謳われている通りなのです。


Copyright(C) 2013 生活を豊かにするカードの詳細 All Rights Reserved.